産業科学館だより

山形県産業科学館 公式ブログ

定期メンテンナンス(一部)のお知らせ


    こんにちは、ゆめりんです。

 

定期メンテナンスのお知らせですよ。

いつも皆さまには、当館をご利用いただいてありがとうございます。

メンテナンスの期間は、8月28日(月)~8月31日(木)となります。

 

メンテナンスを行うのは、2階、4階の一部の科学アイテムです。

皆さまには、大変ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いしますね。

 

P1000516 P1000528

 

8月になっても、連日1,000名から2,000名前後のお客さまに来て

いただいておりますよ。

これからも、よろしくお願いします♪

 

 


大盛況! 2017青少年のための科学の祭典in山形  山形県産業科学館 6,061名の皆さまが来場!


ピコリン  こんにちは、ピコリンです。

 

 「2017青少年のための科学の祭典in山形」は、8月5日(土)に霞城セン

トラルと山形県産業科学館を会場に、盛況のうちに終えることができました。

 この夏一番のビッグなイベントになりましたよ。

ア2 106

 

 3つに分かれた会場では、家族連れや友だちどうしで、どのブースも熱気

にあふれていました。祭典全体の来場者は、延べ合計8,196人でした。2016

年に比べて、1,927人も多く来場いただきました。ありがとうございます。          

 

 今年の科学の祭典には、企業や大学、短期大学校、高専、高校、そして各

種施設や団体など、合わせて29団体が出展しました。それぞれ実験や工作、

観察ができるブースを設けて、家族や友人と一緒に楽しみながら、科学の不

思議やおもしろさを学ぶことができたようです。

 

アトリウム会場

 

ア4 134 ア3 036

 

ア5 P1000647 ア6 041

 

ア7 042 ア8 047

 

ア9 051 ア10 136

 

ア11 P1000654 ア15 056

 

ア13 149 ア14 150

 

 山形県産業科学館会場

 

 山形県産業館の2階から4階では、9つの科学の祭典ブースが設けられま

した。また、「タッチで反射神経競技会」は、午前、午後それぞれ定員50

組の参加チームで盛り上がりました。

 今年は、70点以上の銅メダルを獲得したチームは2組。参加賞もあり、ま

た来年の参加に燃えていましたよ。この日の入館者数は、6,061名となり、

今年最高となりました。ありがとうございました。

 

産1 108 産2 133

 

産3 111 産4 110

 

産5 130 産5 115

 

産8 124 産7 123

 

産10 022 産9 073

 

産11 076 産12 069

 

産13 070 産16 164

 

産15 167 産14 016

 

産17 156 産18 155

 

産17 168 産19 078

 

3階大会議室会場

 

大1 097 大2 081

 

大3 082 大4 084

 

大5 089 大6 092

 

大7 093 大8 P1000625

 

 参加された皆さま、たいへんお疲れさまでした。

 また来年お越しくださいね♪

 

■ 2017 青少年のための科学の祭典in山形

  科学の祭典パンフ

 

0725 kagakunosaiten_o(表紙) - HP用    0725 kagakunosaiten_o(出展情報) -HP用

  パンフレット表紙 PDF版      出展29団体とテーマ PDF版

 


 

 ◆ 入館者数データ

 ● 延べ総入館者数  5,382,055名  (平成13年1月1日~)

 ● 今年度入館者数     86,086名  (平成29年4月1日~)

 ● 今日の入館者数      6,061名  (平成29年8月5日)

 


 

 


「光の不思議」小さな科学者・体験学習会  開催!


 こんにちは、チェリリンです♪

 

 いよいよ、夏休み真っ盛りの7月30日。7月もさいごの日曜日となり

ました。産業科学館も連日たくさんの見学者や、夏休み自由研究に向けて、

研究に訪れる小学生、中学生で一杯です。

 

 今日のイベントは、山形大学理学部による「光の不思議」小さな科学者・

体験学習会が4階発明工房で行われました。事前の予約が必要なため、先

着20名まででしたが、18組21名の参加がありました。

 

1  2

3  4

5 6

 

 山形大学理学部 遠藤先生、北浦先生、大西先生、それに5名の学生ス

タッフが、ていねいにアドバイスをしながら教えてくれました。

 

 午後1時30分から2時間。かんたんな実験や分光器の工作をしながら、

光の不思議を体験できました。原子の光を見たり、科学手品で楽しんだり、

科学おもちゃをつくったりして、親子で楽しく夢中になって学ぶことがで

きました。

 

7 8

9  10

 

 みなさん、お疲れさまでした♪

 


 

◆ 入館者数データ

 ● 延べ総入館者数  5,369,603名  (平成13年1月1日~)

 ● 今年度入館者数     73,634名  (平成29年4月1日~)

 ● 今日の入館者数      1,400名  (平成29年7月29日)


 

 


“2017 青少年のための科学の祭典 in 山形”  8月5日(土)開催!


 こんにちは、ゆめりんです。

 

 「青少年のための科学の祭典 in 山形」。もうすっかり、夏のおなじみの

イベントになりましたね。今回は、8月5日(土)に、霞城セントラルと

山形県産業科学館でビッグに開催されます。

 

 企業や大学、短期大学校、高専、高校、そして各種施設や団体など、合

わせて29団体が出展します。それぞれ実験や工作、観察ができるブース

を設けますよ。みんなが楽しみながら、科学の不思議やおもしろさを学ぶ

ことができるように準備しておりますね。

 では当日、お待ちしております♪ 

 

 0725 kagakunosaiten_o(表紙) - HP用 0725 kagakunosaiten_o(出展情報) -HP用

       パンフレット表紙           出展29団体とテーマ

  2017 青少年のための科学の祭典 in 山形  科学の祭典パンフ PDF版

 

 ♥ 当日『タッチで反射神経競技会』が、4階の科学アイテム「タッチで

  反射神経」で開催されます。ドシドシ事前練習に来てね!

 

昨年度の、2016 青少年のための科学の祭典 in 山形の様子をご覧ください。

 

CIMG9551  CIMG9651

P1000786  P1000794

 


 

◆ 入館者数データ

● 延べ総入館者数  5,368,199名  (平成13年1月1日~)

● 今年度入館者数     72,230名  (平成29年4月1日~)

● 今日の入館者数      1,404名  (平成29年7月29日)


 


東京スカイツリーには多くの山形県企業が関わっているよ♪


ピコリン こんにちは、ピコリンです。

 

 今日は、東京スカイツリーと、その建設にかかわった山形県の企業に

についてご紹介します。

 

P1000598

 

  2012年5月につくられた東京スカイツリーには、山形県の企業も参

加しています。東京スカイツリーの模型(縮尺1/1000)を展示して、以

下の企業様のご紹介をはじめました。

 

● 株式会社板垣鉄工所(三川町)

  “建物を支える骨組みに使う鉄骨を納めたよ” 

   板垣鉄工所

 

● 有限会社渡辺鋳造所(山形市)

   “エレベーターを動かす大きな綱車を作ったよ”

   渡辺鋳造所

 

 ● キャド・キャム株式会社(鶴岡市)

   “床の建築設計を行ったよ” 

   キャドキャム

 

 ● 株式会社山形メタル(新庄市)

   “展望台の内外装用金属パネルを作成したよ“

   山形メタル

 

 ● 株式会社かわでん(南陽市)

   “電気の心ぞう部 配電盤を作ったのは うちの会社だよ” 

   かわでん

 

ぜひ、ご覧ごらんくださいね♪

 

≪お願い≫

東京スカイツリーの建設や運営等に関わりのある県内企業の情報

があれば、山形県産業科学館にご連絡いただけると嬉しいです。