産業科学館だより

山形県産業科学館 公式ブログ

(株)ニューテックシンセイ 3階 山形県の工業 企業ブースに新規出展!


縮小チェリリン こんにちは、チェリリンです。

 

 

 株式会社ニューテックシンセイ(米沢市)が、3階 山形県の工業  企業ブー

スに、新規の展示を開始しました。テーマは、精密機械メーカーである株式会

社ニューテックシンセイが、新たな事業のひとつとして開発した「もくロッ

ク」。

 

 2011年に誕生したこの「木製ブロック」は、2015年1月 世界最高峰のデザ

イン商品見本市「メゾン・エ・オブジェ(パリ)」において、”グリーン・アイ

テナリー賞” を受賞しました。出展3000社中、受賞できたのが8社とは、すご

いですね♪ いまや、世界が注目するブランドに成長しています。

 

 

 

 「もくロック」には、主に6種類の山形県産広葉樹がつかわれています。1

ピース1ピースに、色あい、手ざわり、香りの個性があり、重さや触れあう音

までが、ちがっています。

 

 製品は、完成後に伸びちじみしないように、木材の乾燥から温度・湿度まで

、厳密な管理に苦労しているそうです。そして、自社で開発したNCマシンで、

1/100ミリの精度でつくりあげているそうですよ!

 

 つくって体験してみよう! のコーナーに、ラージサイズのブロックを200個

用意してくれました。「もくロック」に触ってみて、自然を感じ、小さなこと

に心を寄せ、あたり前のことに幸せを感じてもらいたい、とは、会社からのス

テキなメッセージです♪

 

 

 

 

 


地球のチカラで走る! モックカー教室で盛りあがりました♪


縮小ピコリン こんにちは、ピコリンです。

 

 平成30年度の最終日となる3月31日(日)。この日は、朝から真っ白な

雪景色でしたが、たくさんの家族連れに来館していただきました。寒さを吹き

飛ばす熱い一日となりましたよ♪ 

 4階の発明工房では、専用サーキットのコースがしつらえられて、「モック

カー教室 ~学んで 作って 走らせよう~」がひらかれました。

 

 

 自動車整備振興会主催による「モックカー教室」は、全国で開催されている

理科・工作教室だそうです。産業科学館では、今回がはじめてのお目見え。4

階の発明工房のなかは、参加した親子の緊張感と熱気にあふれました。

 

 

 はじめは、スクリーンをつかっての理科教室で、重力や摩擦などの基礎的な

ことを学びました。それから、いざ製作です。まず、前後につかうシャフトを

2本つくり、フロアボード(床部分)に取りつけます。そして、タイヤとワッ

シャ(タイヤ留)をシャフトに取りつけると、クルマのシャシ(車体)完成。

 

 シェル(ボディ)は紙製で、それぞれオリジナルな絵をクレヨンで描いてい

ました。このシェルを、フロアボードに組みつけて完成です。いかにスピード

を出せるモックカーにするか、親子でかんがえ、くふうしていましたよ♪

 

 

 さあ、車検をうけていよいよレースです。「3、2、1、ゴー!」、3台同

時にスタート。アップダウンのあるコースは、走行長さが8メートル、スター

ト・ゴールの標高差が1.35メートルあります。「ゴール!」、3台とも3秒前

後。なんと、1000分の1秒まで計測できるシステムでした。

 

 

 レース後は、タイヤの回転などをさらにチューンアップして、2回目、3回

目とレースにのぞんでいました。チューンアップすると、さすが、しっかりと

タイムアップですね! 参加した親子は、午前の部が17組、午後の部が19組で

したよ♪

 

 

 

 平成30年度の最終日、たくさんの皆さんに来館していただきました。

 来年度もよろしくお願いします♪

 


 

◆ 3月31日までの入館者数

 

 ● 延べ総入館者数 5,753,877名 (平成13年1月1日~)

 ● 今年度入館者数   225,818名 (平成30年4月1日~)

 ● 本日の入館者数     1,782名 (平成31年3月31日)

 

 


熱中! ロボットづくりをたいけんしよう ~ミニライントレーサ ーをつくろう~


縮小ゆめりん こんにちは、ゆめりんです。

 

 春休みの真っ最中となる3月24日の日曜日、4階の発明工房では、「ロボ

ットづくりをたいけんしよう ~ミニライントレーサーをつくろう~」がおこ

なわれました。

 

 

 この日のミニライントレーサーをつくろう教室は、山形県創学館高等学校の

コンピューター・システム・クラブの生徒5名と顧問の大坂先生が、あらかじ

め下準備をしてある部材をつかって、作り方をていねいに教えてくれました。

午前の部は、親子18組、午後の部は14組と、定員いっぱいの参加者が、意欲

満々で取りくんでいましたよ♪

 

 

 

 ライントレーサーとは、コースの黒い線を、光センサーで感知しながら、コ

ース上を自力で走るロボットです。はじめに、生徒たちが準備してつくった基

盤に、可変抵抗やスイッチの部品をはんだ付けしました。真剣な目をして、細

かい作業に集中しました。はんだ付けは初めてという子どももいましたが、う

まくいくと、とても満足そうな表情をしていました。

 

 

 

 さいごに、モーターやタイヤをとりつけて完成。はんだ付けをしながら、自

分で組み立ててつくったミニライントレーサー。いよいよ、動作確認をして、

コースを走らせてみました。直線・カーブをじょうずに走って、大喜びで

す! なかには、光センサーと走行のしくみに、興味をもった児童もおりまし

た。スバラシイ! この体験教室で感じた感動をわすれないで、これからもっ

とチャレンジしていきましょう!

 

 

 

 教えてくれるスタッフの人数や、工具などの都合のため、定員32名とさせて

いただきました。残念ながら希望どおりにいかなかった方には、ご迷惑をおか

けしました。今後もこのような教室を開催していきたいと思いますので、よろ

しくお願いいたします♪

 


 

◆ 3月24日までの入館者数

 

 ● 延べ総入館者数 5,746,136名 (平成13年1月1日~)

 ● 今年度入館者数   218,077名 (平成30年4月1日~)

 ● 本日の入館者数     1,822名 (平成31年3月24日)

 

 


山形県高等学校 科学系クラブ研究展 開催!


縮小チェリリン こんにちは、チェリリンです。

 

 春分の日となる3月21日(木)、山形県高等学校 科学系部(クラブ)によ

る研究展がおこなわれました。

2階のフリースペースとチャレンジコーナー、4階の「発明工房」を会場に

して、9つのブースが開かれました。県内6つの高校それぞれ、科学にかん

する特色ある活動を発表する展示会となりました。

 

 

 各ブースのテーマは次のとおりです。

 

 ・水生物のふれあいコーナー

 ・ハムスターイモリ等の観察

 ・ピンポンシューター

 ・薄切り発砲スチロール凧(たこ)製作

 

 

 ・米沢中央ポスター展示

 ・教訓茶碗模型の作製

 ・身近な野菜や果物組織の顕微鏡観察

 ・ふわふわスライムつくり

 ・回路ブラックボックス思考ゲーム

 

 

 いきものとの触れあいから、野菜の顕微鏡観察などの体験教室、そして工作

教室から実験教室までと、さまざまな体験ができました。小さな子どもから大

人まで、一日中楽しむことができましたよ♪

 


お知らせ^^^科学アイテムのメンテンナンスがおこなわれます


縮小ピコリン こんにちは、ピコリンです。

 

科学アイテムメンテナンス実施のお知らせ・・・・・・・・・・・・

 

いつも皆さまには、当産業科学館をご利用いただきましてありがとうございま

す。まもなく、科学アイテムのメンテナンスがおこなわれます。

 

期間は、3月28日(木)~3月29日(金)。

 

メンテナンスは、2階・4階にある一部の科学アイテムだけとなります。

 

ほかは通常どおり使えますよ♪

 

皆さまには、大変ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いします。