産業科学館だより

山形県産業科学館 公式ブログ

科学道100冊ジュニア 館長のおすすめ


縮小ゆめりん こんにちは、ゆめりんです ¨  ˜・… ☆

 

科学の本に親しもう!

好奇心といっしょに、発見の旅へとでかけましょう♪

 

科学道100冊ジュニアのうち、館長おすすめ本が読めるようになりました。

「科学道100冊ジュニア」とは、理化学研究所と編集工学研究所の協力によっ

て選ばれた、日本語で読める選りすぐりの本たちです。

 

 

 

写真やイラストがたくさんあって、どの絵本も、精密で、迫力があって、きれ

いで、見ごたえ十分!

ステキな本を手にとって、ペラペラめくって、じっくりと見てみましょう♪

 

 

 

 

科学道100冊ジュニアのうち、おすすめ本の中から、今おいている本は7冊。

これから、テーマごと入れ換えながら展示していきます。

 

●『世界ーうつくしい昆虫図鑑』

   クリストファー・マーレー(著)熊谷玲美(訳)

『ひとしずくの水』

   ウォルター・ウィック(写真・文)林田康一(訳)

●『自然のふしぎ大図鑑ーナチュラル・ワールド』

  アマンダ・ウッド、マイク・ジョリー(作)オーウェン・デイビー(絵)

●『理系アタマがぐんぐん育つ 科学の実験大図鑑』

   ロバート・ウィンストン(著)西川由紀子(訳)

●『ホネホネたんけんたい』

   西澤真樹子(監修・解説)大西成明(写真)松田素子(文)

●『もしも地球がひとつのリンゴだったら』

   デビット・J・スミス(文)スティーブ・アダムス(絵)千葉茂樹(訳)

●『雪の結晶ノート』

   マーク・カッシーノ、ジョン・ネルソン(作)千葉茂樹(訳)

 

ワクワク遊んでドキドキ学ぶ、科学の冒険に出てみよう!

 

おすすめ本は、山形県産業科学館ホームページの動画で、紹介しております。

ぜひ、ご覧くださいね♪

 


「星と星座」☆科学の本で宇宙を学ぼう!


縮小ピコリン こんにちは、ピコリンです。

 

この冬の企画「星と星座」シリーズの第2弾。

 

☆科学の本で宇宙を学ぼう!

 

2階のチャレンジコーナーで、☆冬の星座をさがそう、と

セットでご覧になれますよ♪

 

 

 

本館にある星・宇宙の図鑑や、科学道100冊ジュニアから選ばれた宇宙、星と

星座、月や地球の本たちが並んでいます。

ブラックボードに展示してある☆冬の星座をさがそう、と対応させて学んでみ

ましょう。

 

 

 

人気の絵本作家による地球と宇宙の本は、とっても面白いですよ!

地球が動かないで天が動いているとみていた時代、人間はどのように地球や宇

宙のことを考えていたのでしょう?

安野光雅の『天動説の絵本』が楽しく描いています。

 

加古里子(かこ さとし)の『宇宙ーそのひろがりをしろう』は、蚤(のみ)の

大きさから、猛スピードで膨張している宇宙まで、極小から極大まで、スケー

ル感がばっちりです。

 

世界的な絵本作家であるピーター・シスさんの『星の使者』は見ごたえ十分。

自分で望遠鏡をつくって、はじめて宇宙を見た科学者・ガリレオ・ガリレイの

伝記絵本です。

この1冊で、ガリレオのすべてがわかる、というぐらいのスゴイ絵本ですよ♪

 

 

 

 

マンローさんの『ホワット・イズ・ディス』(これ、なに?)のなかの「夜の

空」は、圧巻の宇宙のイラスト。

 

見開き3ページある夜空の説明には、星や星座の観察のしかたから、ブラック

ホールの場所、宇宙望遠鏡の位置まで、宇宙のいろんな情報が満さいです。

ぜひご覧になってください♪

 

 

 

 

ものごとを知ろうと思ったら、何といっても図鑑。『星と星座』『宇宙』のこ

の2冊を見て読めば、星と星座と宇宙じまんができます♪

 

地球といつも引っぱり合い、毎日かたちが変化して、兎(うさぎ)がもちつき

をしている「月」のことも、よく知っておきたいですね。

さらに、『宇宙の地図』を見ると、立体的に宇宙の全体が見えてきますよ♪

 


12月のワークショップ


縮小チェリリン こんにちは、チェリリンです。

 

2021年さいごの12月のワークショップは、合計8回の開催となりました。

 

「くるくるレインボー」「マジックカード」「ベンハムごま」「ごむごむジャ

ンプ!」「とびカエル」と、12月も新作を加えて、あっと驚き楽しめる理科

工作がそろいました。

 

兄弟姉妹や友だち、親といっしょになって作り、会話しながらひと時を楽しん

でもらいました。

 

◆ 12月3日(金)・25日(土) 「くるくるレインボー」

 

 

 

 

◆ 12月4日(土)・17日(金) 「マジックカード」

 

 

 

 

◆ 12月10日(金)・24日(金) 「ベンハムごま」

 

 

 

 

◆ 12月11日(土) 「ごむごむジャンプ!」

 

 

 

 

◆ 12月18日(土) 「とびカエル」

 

 

 

 

😉 **************************************************************** 🙂

 

12月は8回のワークショップを開催しました。

参加人数を合計すると、25組・80名の親子や家族の参加となりました。

 

1月のワークショップも、合計8回となります。

7日(金)、8日(土)、14日(金)、15日(土)、21日(金)、22日

(土)、28(金)、29(土)の8回です。

 

時間は、午前が10:30から12:00、午後が13:00から14:30で、30分ごと

の開催です。ぜひ、希望の時間帯に申しこんでみましょう。

 

今月も、2022年1月のイベント情報をごらんくださいね♪

寅年の令和4年は、産業科学館のワークショップで新春を迎えましょう!

 


「星と星座」☆冬の星座をさがそう


縮小ゆめりん こんにちは、ゆめりんです ¨  ˜・… ☆

 

外は冬景色の産業科学館から、星空の展示のご案内です♪

この冬の企画は、「星と星座」☆冬の星座をさがそう!

いま、2階のチャレンジコーナーでご覧になれます。

 

 

 

真っ黒い宇宙をバックにした 冬の星座をさがそう! には、東西南北の全天

に見える星と星座が、ピカピカ☆きらきらに輝いています。

 

いま、雲のない夜の空を見上げると、いちだんと鮮やかに輝いている星座は、

冬の星座の王者と言われる”オリオン座”ですね♪

夜の8時頃には、南南東の空高く見ることができます。

そして真上には、6から7つぐらいの小さな星々があつまったプレアデス星団

(すばる)も肉眼で見えます。

 

 

 

そうやって、冬の大三角形やオリオン座から次つぎに星と星座をたどってみる

と、宇宙ツアーのようで面白いですね。

 

「星と星座」☆冬の星座をさがそう! の展示と、実際に夜空の星を見くらべ

てみて、冬のだいご味をぜひ味わってみましょう♪