産業科学館だより

山形県産業科学館 公式ブログ

【お知らせ】産業科学館 in 置賜 “サイエンスアクロバットショー” 高畠町で開催 !


ピコリン

 

  こんにちは、ピコリンです。 

  

 この秋、くす田くす博 博士がいよいよ高畠町にやってきます。山形県

産業科学館は、地域に出向いての地域出張イベントを、毎年おこなってい

ます。今年の開催地は高畠町。博士をお招きして、サイエンスアクロバッ

トショーを開催します。

 どなたでもご覧になれますよ。驚きと不思議さを感じるパフォーマンス

の数々。ぜひ身近に楽しんで、科学に興味を持ってくださいね。下記のよ

うに開催しますので、ご家族や友だちとふるってお越しください。 

 

サイエンスアクロバットショー

産業科学館 in 置賜

サイエンスアクロバットショー PDF版を見る

 

 

 

10月イベント情報を見る

 

山形県産業科学館 サイエンスアクロバットショー

 

■   と き  平成29年10月7日(土) 13:00~(1時間程度)

■   ところ  高畠町太陽館前ステージ

■   ないよう 大気圧の実験やバランス芸など、子どもたちに親しみやす

       い実験ショー

 

 


県内企業ブース 2社がリニューアル !    山形サンケン(株)・(株)東根新電元


ゆめりん こんにちは、ゆめりんです。

 

 山形サンケン(株)様と(株)東根新電元様による企業ブースが、この夏、

共同ブースとしてリニューアルされました。テーマは”小さな半導体の大きな

役割”です。両社は、半導体等のパワーエレクトロニクスの総合メーカーです。

 

 半導体の役割から、どんな製品をつくって、どんなモノに使われているか

まで、わかりやすくディスプレイされていますよ。実際に生産されている多

種類の製品も見ることができます。

 

P1000698.JPGワイド

 

 

 

 

 

 

 

P1000701 P1000702

  それぞれのモニターでは、会社の概要、具体的な製品、世界的なネットワ

ークが、詳しく動画で紹介されています。

 

P1000704 P1000703

 ショーケースでは、材料のシリコンウェーハから、自動車やエアコン、太

陽電池などに使われるIC(集積回路)まで、多種類の製品をまじかに見る

ことができます。

 

P1000705 P1000724

  スマートフォンから、テレビなどの家電、自動車や飛行機にいたるまで、

世界中のエレクトロニクス産業を支える代表的な能動部品には、すべて半導

体が使われています。

 

 

9月のワークショップ

 

 この日のテーマは「紙ブーメランをつくろう」と「四季の折り紙」でした。

親子で楽しそうに作っていましたよ。

 詳しくは、9月イベント情報をご覧くださいね。

 

山形県産業科学館 9月イベント情報を見る。

P1000718 P1000720

 

 

 周辺の風景

 

 山形県産業科学館が入っている霞城セントラルからは、南側に、工事中の

山形駅西口拠点施設(仮称)を眺めることができます。工事が始まっておよ

そ4か月半、くい打ち工事も終わり、基礎工事が始まっているようですね。

P1000711 P1000712

 

 そして、北側には霞城公園。 この夏で緑もすっかり濃くなり、蝉しぐれが

過ぎ行く夏を惜しむように聞こえてきます。木々の中に見える丸い尖塔が、

原保存された「旧済生館本館」(1878年(明治11))です。

P1000715 P1000716

 


 

 ◆ 入館者数データ

 ● 延べ総入館者数  5,408,112名  (平成13年1月1日~)

 

  祝 540万人達成♪ (平成29年8月19日)

    今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 

 ● 今年度入館者数    112,143名  (平成29年4月1日~)

 ● 今日の入館者数        865名  (平成29年9月2日)

 


 

 


山形市小学校教育研究会 算数・理科部会研修会


  こんにちは、チェリリンです♪

 

 山形市小学校教育研究会算数・理科部会に所属する先生方の研修会が、

8月2日(水)に、山形県産業科学館でおこなわれました。

 

本館のアイテムを使って算数教育を研修

 算数部会では、算数を専門とする先生方31名により、お昼まで熱心に研

修されました。館内のアイテムを使って、つくった算数の問題を解いてみて、

お互いに学び合うといった研修会でした。

 

P1000671 P1000673

 

P1000676 P1000678


「触れる地球」で研修

 理科部会では、理科を専門とする先生方26名が参加して、午前中いっぱ

い、デジタル地球儀を使ってたっぷりと研修されました。

 そして、3階4階にある山形県の企業紹介のブースを、2班に分かれて、

当館のボランティアよりご案内させていただきました。

 

 2つの部会とも、たいへん熱気にあふれる印象深い研修会でした。

これから、普段の授業などで活かせていただければありがたいと思います。

参加された先生方、お疲れさまでした。

 

 本館の「触れる地球」について

 本館の「触れる地球」は、平成26年3月9日、(株)シェルター様より

ご寄贈いただいた、リアルタイムで地球の様子を見ることができるデジタル

地球儀です。

触れる地球 011 触れる地球 021

 

 発案者の竹村真一氏からのメッセージによると、この地球儀は、インター

ネットを介して1時間毎に更新される科学データの「宇宙から見たいまの地

球」であり、世界中で発生しているハリケーンや地球温暖化による北極海氷

の減少も、つねにリアルタイムに表示されます。

018 028

 

 いわば「日本の科学技術のショーケース」でもあり、他分野の科学データ

を重ね合わせることで新たな発見を導く「地球シンセサイザー」ということ

です。まさに、生きた地球と言えるのですね。

 ぜひ、皆さまも来館してご覧くださいね。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 学校もいよいよ新学期が始まりました。夏休み中は連日1,000名から

2,000名前後のお客さまに来ていただきました。

 まだまだ残暑厳しいですが、体調に気を付けてくださいね。

 


定期メンテンナンス(一部)のお知らせ


    こんにちは、ゆめりんです。

 

定期メンテナンスのお知らせですよ。

いつも皆さまには、当館をご利用いただいてありがとうございます。

メンテナンスの期間は、8月28日(月)~8月31日(木)となります。

 

メンテナンスを行うのは、2階、4階の一部の科学アイテムです。

皆さまには、大変ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いしますね。

 

P1000516 P1000528

 

8月になっても、連日1,000名から2,000名前後のお客さまに来て

いただいておりますよ。

これからも、よろしくお願いします♪

 

 


大盛況! 2017青少年のための科学の祭典in山形  山形県産業科学館 6,061名の皆さまが来場!


ピコリン  こんにちは、ピコリンです。

 

 「2017青少年のための科学の祭典in山形」は、8月5日(土)に霞城セン

トラルと山形県産業科学館を会場に、盛況のうちに終えることができました。

 この夏一番のビッグなイベントになりましたよ。

ア2 106

 

 3つに分かれた会場では、家族連れや友だちどうしで、どのブースも熱気

にあふれていました。祭典全体の来場者は、延べ合計8,196人でした。2016

年に比べて、1,927人も多く来場いただきました。ありがとうございます。          

 

 今年の科学の祭典には、企業や大学、短期大学校、高専、高校、そして各

種施設や団体など、合わせて29団体が出展しました。それぞれ実験や工作、

観察ができるブースを設けて、家族や友人と一緒に楽しみながら、科学の不

思議やおもしろさを学ぶことができたようです。

 

アトリウム会場

 

ア4 134 ア3 036

 

ア5 P1000647 ア6 041

 

ア7 042 ア8 047

 

ア9 051 ア10 136

 

ア11 P1000654 ア15 056

 

ア13 149 ア14 150

 

 山形県産業科学館会場

 

 山形県産業館の2階から4階では、9つの科学の祭典ブースが設けられま

した。また、「タッチで反射神経競技会」は、午前、午後それぞれ定員50

組の参加チームで盛り上がりました。

 今年は、70点以上の銅メダルを獲得したチームは2組。参加賞もあり、ま

た来年の参加に燃えていましたよ。この日の入館者数は、6,061名となり、

今年最高となりました。ありがとうございました。

 

産1 108 産2 133

 

産3 111 産4 110

 

産5 130 産5 115

 

産8 124 産7 123

 

産10 022 産9 073

 

産11 076 産12 069

 

産13 070 産16 164

 

産15 167 産14 016

 

産17 156 産18 155

 

産17 168 産19 078

 

3階大会議室会場

 

大1 097 大2 081

 

大3 082 大4 084

 

大5 089 大6 092

 

大7 093 大8 P1000625

 

 参加された皆さま、たいへんお疲れさまでした。

 また来年お越しくださいね♪

 

■ 2017 青少年のための科学の祭典in山形

  科学の祭典パンフ

 

0725 kagakunosaiten_o(表紙) - HP用    0725 kagakunosaiten_o(出展情報) -HP用

  パンフレット表紙 PDF版      出展29団体とテーマ PDF版

 


 

 ◆ 入館者数データ

 ● 延べ総入館者数  5,382,055名  (平成13年1月1日~)

 ● 今年度入館者数     86,086名  (平成29年4月1日~)

 ● 今日の入館者数      6,061名  (平成29年8月5日)