産業科学館だより

山形県産業科学館 公式ブログ

^^^ 3月イベントのご案内です♬ ^^^


縮小ゆめりん こんにちは、ゆめりんです。

 

 いよいよ春らしくなってきました♪ 3月イベントのご案内をしましょう!

 事前予約が必要なイベントもありますので、お申しこみを忘れずにお願いし

ます。

 

 

●錯視の世界をのぞいてみよう  ~錯視で生活に潤いを~

 

 展示期間:3月9日(土)~4月10日(水) 

 会場:4階 たんけん科学ランド

 どうぞ、ご自由にご覧ください。

  

 

 

●ロボットづくりをたいけんしよう ~ミニライントレーサ

 ーをつくろう~

 

 ☛ 定員に達しましたので、募集終了とさせていただきます。

   ありがとうございました。

 

 開催日:3月24日(日)

 会場:4階 発明工房

 定員は、午前・午後の部それぞれ16名、製作時間はおよそ60分です。

 創学館高等学校の生徒さんがしっかり教えてくれます。

 事前の申し込みが必要となります。

 

PDFで印刷PDFで印刷 ロボットづくりをたいけんしよう

 

 

●山形県高等学校科学系部(クラブ)研究展

 開催日:3月21日(木 春分の日)

 会 場:山形県産業科学館2階・4階

 

 

●モックカー教室 ~学んで 作って 走らせよう~

 

 開催日:3月31日(日)

 会場:4階 発明工房

 ※申し込みが必要です(下記ポスターをごらんください)

 

PDFで印刷PDFで印刷  モックカー教室

 

 

■山形県産業科学館 3月のワークショップ

 

 金曜日、土曜日の下記日程、時間内で開かれています♪

 「踊るバレリーナ、広がるブンブンこま、スプーン曲げに挑戦しよう、他」

 

PDFで印刷PDFで印刷

画像

 


ロボットづくりをたいけんしよう ~ミニライントレーサーをつくろう~ [参加無料] 


縮小チェリリン こんにちは、チェリリンです。春休みまえのビッグなお知らせです!

 

 3月24日(日)、山形県産業科学館4階の発明工房で、「ロボットづくり

をたいけんしよう ~ミニライントレーサーをつくろう~」をおこないます。

 

 ☛ 定員に達しましたので、募集終了とさせていただきます。

   ありがとうございました。

 

 定員は、午前の部、午後の部ともそれぞれ16名。

 製作時間はおよそ60分です。

 創学館高等学校の生徒さんがしっかり教えてくれますよ。

 

 事前の申し込みが必要となります。

 下記のポスターをごらんになって、ぜひご参加ください♪

 

PDFで印刷PDFで印刷 ロボットづくりをたいけんしよう

 

 

 

 


いやし系アートおもちゃ「クネクネ棒」をつくろう! by 東北芸術工科大学


縮小ピコリン こんにちは、ピコリンです。

 

 2月17日の日曜日は、日ざしが工房にはいってきて、とてもあたたかい日と

なりました。きょうのイベントは、東北芸術工科大学によるアートおもちゃの

工作教室です。そのタイトルは、いやし系アートおもちゃ「クネクネ棒」をつ

くろう! 

 

 

 デザイン工学部プロダクトデザイン学科教授の三橋幸次先生と学生スタッフ

5名が、テーブルごと2組ずつ、じょうずにつくり方を教えてくれました。参

加した子どもたちは、親子一緒になって「お~っ」と声をあげながら、ふしぎ

なアートを楽しんでいました。

 

 

 まずは、細いアルミの針金を巻いてのばし、スパイラル状にした「クネクネ

棒」をつくります。先端から、カラフルなアクリルのリングを差しこんでいき

ます。棒を上下すると、リングはクネクネと連なりながら、まるで動いている

ように見えます。

 

 

 

 まさしく、いやし系です。きれいな半透明の色合いと、クネクネの動きを、

静かに楽しめるステキなアートなおもちゃのできあがり。この日、65名の子ど

もたちが、おもいおもいの色の組みあわせでつくりあげました。それぞれ家に

持ちかえって、家族で楽しんでくれていることでしょう♪

 

 

 

****** ムービーを見る

 

■ 山形県産業科学館 ムービー一覧ページを見る

 

● クネクネ棒をつくろう!~いやし系アートおもちゃ~ by 東北芸術工科大学(2:40)

 

****************************************************

 


3Dプリンタ-でチャレンジ! ~電動義手教室~


縮小ゆめりん こんにちは、ゆめりんです。

 

 1月27日(日)は、YMN(やまがたメイカーズネットワーク)による3Dプ

リンターをつかった教室の2回目。内容は、ひとつ目が電動義手部品加工の実

演。ふたつ目が、前回からそれぞれのチームが製作してきた電動義手をつかっ

た、デモンストレーションと作り方の教室です。

 

 

 あいにく、インフルエンザが流行中ということで、小学生チームをのぞいた

高校生2チームだけでおこないました。会場は2階フリースペース。3Dプリ

ンターでつくった5本の指をつかって、じょうずに物をつかんだり離したりな

ど、リアルなうごき方にビックリ♪ 3Dプリンターをつかえば、いろいろな

モノがつくれることを実感できました。

 

 

 この日は、地元2つの工業高校の生徒7名と、YMNのスタッフ2名による教

室。子どもたちが26名、大人が25名参加しました。はじめて見る装置や作品を

とおして、最新の技術を興味深く学ぶことができました。

 


 

◆ 今日までの入館者数

 

 ● 延べ総入館者数 5,711,320名 (平成13年1月1日~)

 ● 今年度入館者数   183,261名 (平成30年4月1日~)

 ● 今日の入館者数     1,420名 (平成31年1月27日)

 


新春! みんなで楽しむ科学実験教室 & サイエンスショー


縮小チェリリン こんにちは、チェリリンです。

 

 1月13日の日曜日は、2019年最初の実験教室とサイエンスショーの日。山

形大学SCITAセンターのスタッフ15名をむかえて、4階発明工房と2階フリー

スペースでおこなわれました。3連休まん中の日曜日とあって、たくさんの親

子連れや子どもたちで賑わいました。科学実験教室では、毎回恒例のスライム

実験と、カラフルカプセルをつくろう! で、館内はスゴイ熱気でした。

 

みんなで楽しむスライム実験

 

 今、子どもたちに大人気のスライム。午前、午後の2回で、なんと160名の

みなさんがスライム実験にチャレンジしてくれました。光るスライムに、のび

~るスライムなど、学生やスタッフのサイエンス・インストラクターに、やさ

しく手ほどきをうけていました。みんな歓声をあげて楽しんでくれました♪

 

 

 

 

カラフルカプセルをつくろう!

 

 海藻に含まれる成分、アルギン酸ナトリウムをつかって、プニプニ物体をつ

くってみました! やり方は、絵具で色をつけた水溶液をスポイトでとり、ス

ポーツドリンクでつくった乳酸カルシウム水溶液の中にいれます。すると、か

わいいカラフルカプセルのできあがり。さらにスプーンで小ビンに移して、水

を適量いれてやります。ていねいに教えてくれた学生スタッフたち。ふしぎな

実験教室は、子どもたちに大人気でした♪

 

 

 

 

サイエンスショー 空気に重さはあるのかな?

 

 山形大学栗山教授によるサイエンスショーには、午前、午後の部2回、子ど

もから大人まで44名が参加。身近な道具をつかった気圧の実験では、容器に空

気をおしこむと、マシュマロやかっぱえびせんは大きくなるか、小さくなる

か、あるいは踊りだすかなど、アタマの中は ? から ! となって、みんなでお

もしろ実験を楽しむことができました。

 

 さらに、空気をおしこめた時の気圧と温度の関係など、アニメーションをつ

かった説明で、高度なことも興味津々に学ぶことができましたよ♪ はたし

て、空気に重さはあったかな?