産業科学館だより

山形県産業科学館 公式ブログ

山形県産業科学館 2017年度がスタート!


    こんにちは、ピコリン ピコリンです。

今日から、ぼくたちマスコットが産業科学館の様子をお知らせしますね。

新しい年度になって、もう9日目となりました。

雨ふりの天気が続いていますが、近くにある霞城公園の桜も咲き始めて

いますね。学校では初々しい新入生を迎えて新学期が始まったようです。

 山形県産業科学館もフレッシュなスタッフを迎えて、新たなスタート

を切りました!

 春休みには、なんと、連日1,000人を超える大人や子どもたちが来て

くれました。ありがとうございます。

 では、ことしもご愛顧のほど、よろしくお願いいたします!

 

004 003

001 002


館長だより第70号を掲載します


平成28年度も最終日となりました。

霞城セントラルの2階にエスカレートで上がると、山形県産業科学館の入り口があります。

色あざやかな館のキャラクターが出迎えてくれます。

平成29年3月28日発行の「館長だより」第70号を掲載します。

内容は次のとおりです。

・今年一年を写真で振り返る

・退職のご挨拶

・「太陽に魅せられ育つ夢」ジャンチブ・ガルバドラッハ著より

このたび平成29年3月31日をもって退職することになりました。

「館長だより」をご覧いただきましてありがとうございました。感謝申し上げます。

これからも、多くの皆様がご来館なされますようお願い申し上げます。

館長だより第70号

IMG_2151縮小 館長だより第70号


館長だより第69号を掲載します


このところ寒い日が続きましたがようやく日差しも和らぎ、待ちに待った春を迎えました。平成28年度もあとわずかになりました。

霞城セントラルのエスカレートを上がると、ショーケースに入った「ピコリン」が正面で私たちを迎えてくれます。

平成29年3月14日発行の「館長だより」第69号を掲載します。

内容は次のとおりです。

・「科学マジックショー」大いに盛り上がる

・「ペッパー君といっしょに、介護を学ぼう」大好評

・「チャレンジコ-ナーであそぼう」に「科学すごろく」設置

・ヴェルナー・ハイゼンベルグのことば

ご覧ください。

館長だより第69号

IMG_2148縮小 館長だより第69号

 

 


館長だより第68号を掲載します


平成29年3月10日(金)に、講演会で素晴らしいオープンソースの手作り義手(下の写真)を拝見しました。

講師は、山形大学工学部機械システム工学科ライフ3Dプリンタ創成センター准教授 川上 勝先生です。

何と、義手を手作りできるということです。米沢工業高校の生徒もつくったとお聞きしました。その完成した義手の見事さに驚きました。部品は3Dプリンターで製作します。私も挑戦したいとモチベーションが上がりました。

さて、平成29年2月21日発行の「館長だより」第68号を掲載します。

内容は次のとおりです。

・「夢の動物を作ろう!」終了

・「私たちと環境」大好評

・科学マジックショーを開催します

・ドミトリー・メンデレーエフのことば

ご覧ください。

館長だより第68号

9年IMG_2134縮小館長だより第68号

 

 

 


3/4に「スプーン曲げや科学マジックを体験しよう!」を開催します。


来たる平成29年3月4日(土)14:00~14:40(開場13:30~)に山形市保健センター大会議室において、山形県産業科学館主催の「スプーン曲げや化学マジックを体験しよう!」を開催します。

定員:先着90名で、対象は幼児から中学生で、事前申し込みが必要です。

ただし、ショーはだれでも見学自由です。

申込方法:直接、産業科学館で申し込むかまたは電話による事前申込をお願いします。

面白いマジックに挑戦できて、大きな空気砲も発射します。これまでにない、大きな会場で実施します。

ぜひ、ご参加ください。

3.4科学マジックショー